くらし情報『シュツットガルト・バレエ団が今秋日本公演開催!』

2018年8月21日 14:05

シュツットガルト・バレエ団が今秋日本公演開催!

会見より。左から、フリーデマン・フォーゲル、アリシア・アマトリアン、タマシュ・デートリッヒ、エリサ・バデネス、マチュー・ガニオPhoto Ayano Tomozawa

会見より。左から、フリーデマン・フォーゲル、アリシア・アマトリアン、タマシュ・デートリッヒ、エリサ・バデネス、マチュー・ガニオPhoto Ayano Tomozawa


ドイツの名門バレエ団、シュツットガルト・バレエ団が11月の日本公演開催を前に記者会見を行った。かつて同団のスター・ダンサーとして活躍し、この9月に芸術監督に就任するタマシュ・デートリッヒをはじめ、まさにこの日も公演日となっていた世界バレエフェティバルに参加中の同団のアリシア・アマトリアン、エリサ・バデネス、フリーデマン・フォーゲル、ゲストのパリ・オペラ座バレエ団エトワール、マチュー・ガニオが登壇、意気込みを語った。

シュツットガルト・バレエ団 チケット情報

冒頭、「芸術監督就任後初のツアー、日本で公演ができることをとても嬉しく思う」と挨拶したデートリッヒ。同団の日本公演は1973年以来、今回で何と11回目となるが、芸術監督着任を前に、カンパニーの創設者で20世紀を代表する振付家、ジョン・クランコのバレエを継承しながら、新プロジェクトにも意欲的に挑戦していく姿勢をアピールした。今回上演するのは『オネーギン』と『白鳥の湖』の2作品、いずれもクランコの代表作である。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.