くらし情報『三者三様の心の機微に触れ、決断を見守る。『チルドレン』稽古場レポート』

2018年9月7日 16:45

三者三様の心の機微に触れ、決断を見守る。『チルドレン』稽古場レポート

『チルドレン』稽古場より 撮影:尾嶝 太

『チルドレン』稽古場より 撮影:尾嶝 太


栗山民也演出、高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美出演の三人芝居『チルドレン』。34歳のイギリス人劇作家ルーシー・カークウッドが2016年に発表し、今年のトニー賞演劇作品賞にもノミネートされた注目作だ。その日本初演に向けてギアを上げつつある稽古場に潜入した。

【チケット情報はこちら】

物語の舞台は、大地震をきっかけに津波と原発事故が起きた町。元物理学者の夫婦、ヘイゼル(高畑)とロビン(鶴見)が暮らすコテージに、20年以上前に原子力発電所で夫婦の同僚だった女性ローズ(若村)が訪れる。久々に再会した3人の胸には、様々な思いが去来しーー。

この日の稽古は、劇の終盤。ひとしきり、互いを懐かしみ、はしゃぎ、複雑な気持ちに襲われ……と、幾つもの感情を通過した3人の今を象徴するかのように、部屋には夕日が差し込み、波の音が静かに響く。しっとりとした雰囲気の中、ある重要な決心を語り、ヘイゼルとロビンにも決断を迫るローズ。「発展途上国の半分の人間は電気なしでやっている」「あなたたちに電力を使う権利はないわ」と言う彼女の言葉が、他のふたりに、そして観る者に深く突き刺さる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.