くらし情報『白鸚、もうひとつの襲名披露興行。『ラ・マンチャの男』50周年!』

2019年6月14日 14:40

白鸚、もうひとつの襲名披露興行。『ラ・マンチャの男』50周年!

白鸚、もうひとつの襲名披露興行。『ラ・マンチャの男』50周年!

ミュージカル「ラ・マンチャの男」製作発表記者会見より(画像左から)宮川浩駒田一松本白鸚、瀬奈じゅん、松原凜子上條恒彦


松本白鸚が1969年の日本初演から主演し続けるミュージカル『ラ・マンチャの男』が今年9月から10月にかけて上演される。6月13日、都内にて製作発表会見が行われ、50周年の記念すべき公演にむけての意気込みを白鸚ら出演者が語った。

【チケット情報はこちら】

セルバンテスによる小説『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』と、宗教裁判で捕えられた作者セルバンテス自身の姿、現実と虚構から“人間のあるべき姿”を力強く描きだすミュージカル。1965年にブロードウェイで初演され、翌1966年にはトニー賞を受賞した名作だ。日本では1969年に当時26歳だった市川染五郎(現・松本白鸚)が主演、以降も白鸚がライフワークとして上演し続けて、これまでの総上演回数は1265回にのぼる。50年という節目を迎えるにあたって白鸚は「初演から50年の『ラ・マンチャの男』にまた灯がともる。自分にとっては奇跡で、胸がいっぱい」と心境を語った。

長く続いている作品だが、「今年は真新しい『ラ・マンチャの男』になります」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.