くらし情報『新『アニー』の荒井美虹&德山しずく「笑顔が心に残るように演じたい」』

2019年12月11日 11:00

新『アニー』の荒井美虹&德山しずく「笑顔が心に残るように演じたい」

新『アニー』の荒井美虹&德山しずく「笑顔が心に残るように演じたい」

会見の模様(C)NTV


来春で35年目を迎える丸美屋ミュージカル『アニー』の制作発表が、12月9日に東京都内で行われた。

【チケット情報はこちら】

世界大恐慌を迎えた1933年のニューヨークを舞台に、11歳の孤児アニーの明るく前向きな姿が大人たちを励ます本作。1976年にアメリカで初演され、トニー賞7部門を受賞した。日本では1986年の上演以来、累計181万6,000人を動員。山田和也を演出に迎えた2017年に翻訳台本・振付・舞台美術・衣装などが一新され、現在もブラッシュアップが続いている。

会見には、オーディションでアニー役に選ばれた小学4年生の荒井美虹と小学5年生の德山しずく、そしてこのほど出演が明らかになったウォーバックス役の藤本隆宏、ハニガン役のマルシア、グレース役の蒼乃夕妃、ルースター役の栗山航、リリー役の河西智美が舞台衣装で登壇し、演出の山田も出席した。

大きなタイトルのミュージカルに初出演となる荒井は「観てくださったお客様の心に残るアニーを演じていきたいです!」と意気込む。一方、3度目のオーディション挑戦でタイトルロールを射止めた德山は「観客の皆さんに笑顔を届けられるよう、私の演技でアニーの気持ちを伝えられたら」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.