くらし情報『佐々木蔵之介が明治、大正、昭和の40年間を駆け抜ける』

2020年1月23日 19:00

佐々木蔵之介が明治、大正、昭和の40年間を駆け抜ける

佐々木蔵之介が明治、大正、昭和の40年間を駆け抜ける

(画像左から)森新太郎、佐々木蔵之介撮影:石阪大輔


『夫婦善哉』などで知られる織田作こと織田作之助の原作で、その主人公が森繁久彌の当たり役となった舞台『佐渡島他吉の生涯』。本作が来年グランドオープンするPARCO劇場のオープニング・シリーズ公演第2弾に決定、森新太郎演出、佐々木蔵之介主演で上演される。そこで森と佐々木に、本作にかける思いを聞いた。

【チケット情報はこちら】

「生涯で1本だけ戯曲を書いたことがあって、その主役が織田作なんです」と切り出し、意外にも織田作ファンであることを明かした森。その魅力を尋ねると…。「僕が織田作作品に惹かれる理由は、主人公たちの無名性にあるような気がします。目の前のことだけで精一杯ではあるけれども、苦しいだけでなく、笑って生きている。そんなありふれた市井の人々を見つめる織田作の優しいまなざしが、僕は好きなんだと思います」

そのタイトル通り、大阪の人力車夫である佐渡島他吉の40年に渡る半生を、笑いと涙を交え描き出す本作。『BENT』(2016年)以来2度目のタッグとなるふたりだが、森は佐々木で“喜劇”をつくりたかったのだと言う。「僕にとって蔵之介さんといえば、やっぱり惑星ピスタチオ(※かつて佐々木が所属していた劇団。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.