くらし情報『ガラス瓶、卵の殻…。身近なものをプラスして多肉植物を楽しむテク3つ』

ガラス瓶、卵の殻…。身近なものをプラスして多肉植物を楽しむテク3つ

2018年4月15日 17:50
 

ぷっくりした葉がかわいい多肉植物は、お世話が楽で、アレンジも広く楽しめます。

身近なものを活用すれば、お金をかけなくても多肉植物をオシャレに飾ることができますよ。

日刊Sumaiの過去の記事から、「多肉植物のアレンジ術」に関する記事を3本まとめてご紹介します。

■ 1.蓋つきの瓶でつくる簡単テラリウム

多肉植物は蓋をしてもちゃんと育つ?2ヶ月放置してみた結果とその後のお手入れ

多肉植物


お部屋にグリーンがあると、パッと華やいで見えたり、インテリアのよいアクセントになりますよね。

観葉植物は水やりやお世話が大変ですが、多肉植物は葉に水分や養分を蓄えているため、比較的扱いやすいのがうれしいところ。

100均に行けば、テラリウムに使えそうな容器がたくさん売られています。

蓋つきの瓶なら、蒸気が循環するので水やりの必要がほとんどないのだそう。

多肉植物


蓋つきの瓶でテラリウムをつくり、2ヶ月放置してみたところ、ぐんぐん成長!

伸びてしまった多肉植物は、ほどよい長さのところでカットしてあげるのがポイントです。

■ 2.サイズもピッタリ!ダイソーならプチプラで鉢が買える!

思いっきり多肉を愛でるのに最適!ダイソーのプラ鉢が多肉にちょうどよい理由5つ

多肉植物


小さな多肉植物は、お揃いの鉢に入れてずらりと並べると、とってもかわいくなります。

鉢をたくさん用意するとなるとお金がかかりそうですが、そんなとき頼りになるのがダイソーです。

ダイソーの鉢


多肉植物を入れるのにピッタリサイズのプラスチック鉢が、2個100円で売られていたのを発見。

安心のMADE IN JAPANで、遠目に見れば陶器のようにも見えます。

プチプラで多肉植物の鉢をたくさん揃えたいけれど、デザインで妥協はしたくないという人もきっと満足するはずです!

■ 3.卵の殻で作るアートなプランター

「卵の殻」が材料!? たった3工程でできる「ミニ多肉プランター」の作り方

多肉植物
こちらの記事では、卵の殻を使った多肉植物のアレンジ術をご紹介しています。

多肉植物を自然のものと組み合わせると、ナチュラルな雰囲気が倍増して、とってもキュート!

多肉植物


小さな卵のサイズ感もかわいくて、まるでアートのよう。

お金をかけずにこんなにかわいいインテリアが作れるなんてちょっと驚きです。

捨てるものでもアイデアと発想次第で、さまざまに活かすことができるんですね。

身近なものを多肉植物と組み合わせてみて、自分なりのアレンジを楽しんでみてください!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.