くらし情報『築50年の山小屋の修繕に10年間で使った総額は?【なんでも大家日記@世田谷】』

築50年の山小屋の修繕に10年間で使った総額は?【なんでも大家日記@世田谷】

2018年7月16日 21:30
 

前回と前々回、格安別荘について書きました。

すでに長年自然の厳しさにさらされてきた築古別荘は、とにかく修繕や維持や改善にお金が出て行くもの。
我が家の周辺

山の家の周辺。自然が豊かなのはいいのですが……

今回は、筆者がセカンドハウス的に利用している築50年以上の山の家(祖父が東京のはずれの山奥に所有していた小屋)で、ここ10年間でおこなった修繕工事などを一覧にしてみました。

別荘や田舎への移住を検討中の方に参考になればと思います。

■ 2009年「シロアリ駆除と床下換気扇の設置」約98万円

きっかけは地元の業者によるセールス訪問でした。

「お宅の床、シロアリに食われていませんか?」的なやつです。

最初は怪しいと思ったのですが、調べてみるとちゃんとした業者だったので、試しに無料調査をしてもらいました。

すると、床下の一部や柱がすでにシロアリに食い荒らされているという結果が!

シロアリに食い荒らされている


これはまずいということで駆除をお願いすることにしました。

せっかくの機会なので、かねてから気になっていた部屋の湿気について相談したところ、床下に調湿材を敷き、換気扇を設置することになりました。
中段左:調湿材/中段右:換気扇

中段左:調湿材/中段右:換気扇

調湿材は、湿気があるときはそれを吸い込み、まわりが乾いてくると吐き出す仕組みで、文字通り「湿度を調整」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.