くらし情報『ドッグフードが原因で愛犬が病気に!? 品質を落とさない保存法2つ』

2018年8月29日 21:30

ドッグフードが原因で愛犬が病気に!? 品質を落とさない保存法2つ

■ 「ドライフード保存」に大切なこと2つ
1・「密閉容器」で保存しよう
梅雨時期など室温が高く湿気が多い時期は、ドライフードが劣化しやすく、カビが生えてくることもあります。

ドライフードの封を切った後にクリップなどで止めて、そのまま保存しているという飼い主さんもいるようですが、その保存法では品質が落ちてしまいます。

ドライフードは袋のままで保存せず、「ドッグフードストッカー」など専用の密閉容器に入れ替え、キッチンストッカーなどの日の当たらない場所で保存しましょう。

ドッグフード


湿気の多い時期は、「ドッグフードストッカー」に乾燥剤を入れるのを忘れないでください。
2・冷蔵庫保存はカビの原因になるのでNG!
ドッグフード
飼い主さんのなかには、冷蔵庫でドライフードを保存している飼い主さんもいるようですが、その保存法はNGです。

というのも、ドライフードを冷蔵庫から出し入れする際にフードの表面に結露が生じて、カビ等の原因になってしまいます。

ドライフードは必ず常温で保存しましょう。

■ 「缶詰フード」や「手作り食」は酸化・腐敗が早い!

ドッグフード


缶詰やレトルトタイプのドッグフード、手作り食は、開封したらできるだけ早めに食べ切るのが理想的です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.