くらし情報『ドッグフードが原因で愛犬が病気に!? 品質を落とさない保存法2つ』

2018年8月29日 21:30

ドッグフードが原因で愛犬が病気に!? 品質を落とさない保存法2つ

ドッグフード缶詰

pedphoto36pm / PIXTA(ピクスタ)

余りは、別の容器に保存して冷蔵庫で保存してください。

1日以上保存する場合は、冷凍庫で保存して、その都度、必要量を解凍して与えましょう。

冷凍庫の場合も長期間保存せず、なるべく早めに食べ切るようにしてください。

ドライフードと比べて、缶詰やレトルトタイプのフード、手作り食は、フードボールに出した後の酸化や腐敗が早く、微生物の繁殖も早いものです。

そのため、フードは出しっぱなしにしないこと。20分経過しても食べない場合は、廃棄しましょう。

■ ちゃんとやってる?「フードボウル」の衛生管理

ドッグフードを与えるときは、フードだけでなく「フードボウル」の衛生面にも気を使う必要があります。
フードボール

absolutimages / PIXTA(ピクスタ)

フードの残りカスや水分は微生の繁殖の原因になるので、使用後のフードボウルはキレイに洗って乾燥させ、清潔な場所に保存しましょう。

フードボウルに付着した犬の唾液は、洗っても取れにくいものです。

そこで活躍するのが、100円ショップで販売している「メラミンスポンジ」です。

メラニンスポンジ


これを使用すると唾液のヌルつきを落としやすいので、オススメです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.