くらし情報『契約書こわい【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】』

2018年10月3日 11:50

契約書こわい【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。

建築条件付きの設計作業も済み、いよいよ不安だらけの家の工事請負契約をするのか、それとも白紙解除して土地を諦めるのか、決めねばならぬ時が近づいてまいりました。

■ 施主にとって不利な契約書!?

契約書こわい【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】


人のこころは変わるが常。法の力で関係を縛るのは有効な手段です。

それでも鳥の元夫は振り解いて行ってしまいましたが……。

さて、R社の工事請負契約書について、コンサルさんに解説していただきました。

赤枠で囲んだ【特約条項】というR社が追加した部分にご注目。

契約書こわい【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】


契約までに実施設計図を出してもらえないことは、すでに書きました。

その上、こうして契約書上に
  • 「契約後に間取りの変更があっても、文句なしね」
  • 「契約後に追加見積りがあっても、もう契約解除はなしね」
  • 「契約後に仕様変更があっても、文句なしね」
と明記されてしまっています。

(まあ、この業種では現実的な面で、ある程度は仕方のないことだと思います)

契約書こわい【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】


でもこの契約書に印鑑を押した後では、「やんごとない理由につき、数百万アップになりました」と言われても、もう断ることが不可能だということです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.