くらし情報『<親の土地に家を建てる>考えうる相続トラブルと対策は?』

2019年8月30日 21:30

<親の土地に家を建てる>考えうる相続トラブルと対策は?

代償金は一括払いでなくても構いません。代償金は何も手続きをしないと贈与とみなされてしまいます。

贈与税がかることがないようにするためには、遺産分割協議書に代償分割に関する記載が必要となります。

ただし、先に述べたようにAに500万円の支払いができない場合はこの方法はできません。

■ 3.相続トラブル回避にも親は今からできることをやっておくこと
思考の整理

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

このように、実家の土地に子どもが家を建てる場合、将来親の家や土地を相続する際に、不公平だと兄弟同士でトラブルが発生する可能性があります。子ども同士でトラブルになるのを良く思う親はいないでしょう。

親は自分が亡くなった後のことも考えて、今からできることをやっておくべきです。
ファイナンシャルプランナー(AFP)/宅地建物取引士一般社団法人/家族信託普及協会®会員 吉井 希宥美

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.