くらし情報『実家を相続したらどうする?相続の準備はお金持ちだけ…は昔の話!?』

2019年1月3日 21:30

実家を相続したらどうする?相続の準備はお金持ちだけ…は昔の話!?

もしも、あなたが実家を相続したらどうしますか?

相続税の納付金は決して少ない額ではありませんので、マイホームを購入するどころではなくなってしまいます。

相続税の課税範囲を実質的に拡大した2015年度以降、「我が家は自宅しかないから相続税は納めなくていい」と思っていたのに相続税を申告しなくてはいけなくなったケースが増えています。

とくに、都市部に不動産を保有している世帯への影響が大きくなりました。

東京国税局によると、税制改正の翌年(2016年)は、相続税課税割合は12.8%と、相続が発生した人のおよそ7人に1人が課税対象となりました。

■ 自分は長生きすると思っている親なら、課税の可能性アリ
東京の郊外

かみぞー / PIXTA(ピクスタ)

税制改正前は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」までが非課税でしたが、2015年の改正で「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に変更されました。

夫婦と子ども2人の4人家族で夫が亡くなった場合、基礎控除額は8,000万円から4,800万円に縮小されてしまうのです。

4,800万の控除額になると、都市部に自宅があり、預貯金や株式、保険などの金融資産をある程度持っていれば、一般的な家庭でも申告の可能性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.