くらし情報『2021年税制改正で住宅ローン控除がお得に。減税のポイントを専門家が解説』

2021年1月30日 20:34

2021年税制改正で住宅ローン控除がお得に。減税のポイントを専門家が解説

住宅ローン減税はどのくらいお得?年収別シミュレーション
住宅ローン減税のお得度を電卓で計算


ここで、控除期間10年間と13年間ではどのくらい控除に差があるか、年収別の目安を見てみましょう。

【条件】
  • 借入額4000万円
  • 建物の取得価格4000万円
  • 借入金利1%(全期間固定金利)
  • 返済期間35年間
  • 元利均等返済
  • 扶養親族1人
  • 一般住宅
■住宅ローン控除期間13年間だとどのくらいお得か?
年収400万円年収500万円年収800万円年収1000万円控除期間10年間165.0万円237.0万円349.2万円349.2万円控除期間13年間214.5万円308.1万円429.0万円429.0万円差49.5万円71.1万円80万円80万円
どの年収を見ても、控除期間13年間のほうがお得になることはいうまでもありませんが、「控除期間10年間」の制度時に住宅を購入するよりも、“控除期間13年間”の制度時に住宅を購入するほうが、最大80万円お得になります。

年収によって控除金額に差が出てしまうのは、納めている所得税に差があるから。1~10年目までの住宅ローン減税額は、「最大控除額40万円」「住宅ローン残高の1%」「所得税+住民税の一部」の中の一番小さな値のものが採用されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.