くらし情報『2ヶ月の勉強で法科大学院に合格!マルチ弁護士の「最強暗記術」』

2015年12月2日 18:00

2ヶ月の勉強で法科大学院に合格!マルチ弁護士の「最強暗記術」

しかし著者は、時間は有限だからこそ、短い時間で早くおぼえたいなら、そうしたやり方を捨てるべきだと主張しています。

そればかりではありません。問題を解く必要はなく、答えだけを暗記すればよいというのです。

ずいぶん突飛な方法ですが、これには理由があるといいます。

■勉強で特に重要なのは過去問!

問題を解こうとすると、まず「できない」という壁にぶつかってしまうもの。しかしそれが挫折感につながり、結果的には「やらなく」なってしまいがちだというのです。

でも問題集には、その解けなかった「答え」が明記されているもの。テストは答えさえ合っていれば合格できるものなので、答えを暗記する。そこからはじめるのが、いちばんの近道だというのです。

そして、特に重要なのは過去問。なぜなら試験対策にうってつけなだけではなく、問題をつくる人も過去問を参考にしているからだとか。この方法においては答えを暗記することが大切なので、問題と答えを理解しようとする必要はないとすら著者はいいます。

いうまでもなく、ゴールは「理解すること」ではなく、「合格すること」だから。

理解していようがいまいが、受かってしまえばいいという合理的な発想。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.