くらし情報『世界の4分の1がマイナス金利を導入!意外と知らない金利の基本』

2016年8月8日 18:13

世界の4分の1がマイナス金利を導入!意外と知らない金利の基本

経済に与える金利の変動の影響が、以前よりも強くなったということです。

マイナス金利政策は正しいか

ところが、もっとも金利の自由化が進んだ欧米や日本など先進諸国の多くでは、金利低下が進行。

ゼロ金利になっても資金需要は増えず、景気の低迷が続きました。金利の機能が働かない事態になってしまったわけです。

米国はようやく利上げ可能な状態になりましたが、その他の国は政策金利の一部をさらに下げ、マイナス金利にすることに。

こうしたなか、中央銀行は金利の機能を信じ、なんとか働かせようとしているというのです。

つまり金利を下げて資金需要を高め、景気を浮揚させることと、市場の資金を日銀の当座預金から、より金利の高い金融商品(市場)へ向かわせるということ。短期から長期へと資金を向かわせ、イールドカーブ(利回り曲線)の水準を下げることです。この点においてはマイナス金利政策は、金利の機能の基本に沿った政策だということです。



基礎的な部分から個人投資家の心構えまで、金利についてさまざまな角度から解説した内容。読んでみれば、いろいろな疑問を解消できるかもしれません。

(文/作家、書評家・印南敦史

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.