くらし情報『電車内でベビーカーたたまなくてOK!これで出生率●●%アップ』

2014年12月5日 22:00

電車内でベビーカーたたまなくてOK!これで出生率●●%アップ

電車内でベビーカーたたまなくてOK!これで出生率●●%アップ
今年の春、国土交通省が、電車・バスの車内でベビーカーをオープンにしたままでOKの判断を下しました。

子供だけで手いっぱいなのに、荷物まで抱えた状態で、ベビーカーをたたんで電車やバスに乗るというのは、想像しただけでも大変なことですよね。でも、このルールにより、子連れ女性の負担は少し軽くなるはず!

となると、より子育てしやすいこの環境が、出産しやすさ(出生率アップ)につながっていくのでは?

そこで、全国20代~30代の男女各50人に、この国土交通省が示したルールによる「出産しやすさ(出生率アップ)への、影響度を答えてください」というアンケートを行なってみました。

すると、出生率アップに7.43%つながるという結果に……。

1割にも満たない、かなり低い数字です。ただ、少子化の叫ばれる今にあっては、貴重な数字、施策だと言えるのかもしれません。寄せられたコメントも合わせ、具体的に探っていきましょう。

■既婚者は未婚者より多く「出生率につながる」と回答!

「出生率アップにつながると思う」と回答した人をよくみると、未婚者で6.6%、既婚者で9.1%と、既婚者のほうが多くなっていました。経験者は語るとも言うべく、そのへんの違いが数字にもあらわれたのでしょうか?

また、一番高かった数値は70%でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.