くらし情報『「めまいで起き上がれない!」嘔吐しながら向かった病院で判明したまさかの病名は【体験談】』

「めまいで起き上がれない!」嘔吐しながら向かった病院で判明したまさかの病名は【体験談】

長く付き合っていかないといけない病気なので、「無理をしては悪化させるだけだ」と自分に言い聞かせています。

まとめ

橋本病にかかってから8年ほどたち、引っ越しを機に病院を変え、専門医のもとで治療を続けています。相変わらず調子の悪いときもありますが、一番近くにいる家族が理解していて、助けてくれるのでとても心強いです。これからも規則正しい生活をし、趣味や好きなことをして自分の機嫌を取ってあげることも大切だと思いました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)
2007年東京女子医科大学卒業後、米沢市立病院、東京女子医科大学病院産婦人科、同院東洋医学研究所を経て、2018年1月こまがた医院開業。
2021年9月より介護付有料老人ホームの嘱託医兼代表取締役専務に就任し現在に至る。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『子宮筋腫は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力(KADOKAWA)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.