くらし情報『今からでも遅くない! 最近増えている40代からの歯列矯正とは【歯科医師監修】』

今からでも遅くない! 最近増えている40代からの歯列矯正とは【歯科医師監修】

口元を指さしする女性のイメージ


皆さんは口元にコンプレックスはありますか? 40代、50代になって「若いころに歯列矯正しておけばよかった」と思う方もいるのではないでしょうか。今さら歯列矯正をしても……と諦めかけているかもしれませんが、まったく遅くありません! 40代以降からの歯列矯正について、歯列矯正に詳しい歯科医師の古川雄亮先生にお伺いしました。

教えてくれたのは…
監修/古川雄亮先生
国立大学歯学部卒業後、歯学府博士課程において歯のエナメル質形成に関わる遺伝子研究をおこないつつ、バングラデシュなどのアジア諸国で口腔衛生に関連した国際歯科研究に従事。その他、スウェーデンのイエテボリー大学での研修を修了。大学病院の医員を経験した後、南米のボリビアにおいてボランティア団体の力を借り外来・訪問歯科診療に参加。 2019年にNature系の雑誌に研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」が公開。現在は歯科臨床に従事する傍ら、多くの企業からの依頼で、セミナーや学会取材、医療関連記事の監修・執筆、歯科医師国家試験模擬試験の校閲など、さまざまな分野で活動している。

★関連記事:虫歯や歯周病の予防に! 気になる歯列矯正の費用やメリットなど徹底解説!【医師監修】

40代からでもメリットはある?

虫歯や認知症などの予防につながる
悩む女性のイメージ


近年、40代以降で歯列矯正を受ける人は増えているのだそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.