くらし情報『若い世代は飼育意向が強い「エキゾチックペット」感染症や密輸の問題も』

2021年3月10日 10:00

若い世代は飼育意向が強い「エキゾチックペット」感染症や密輸の問題も

若い世代は飼育意向が強い「エキゾチックペット」感染症や密輸の問題も
3月3日は国連が定める世界野生生物の日。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(以下WWFジャパン)は、日本で様々な外国産・野生由来の動物がエキゾチックペットとして人気を集めている現状を受け、エキゾチックペット利用とその問題に対する日本の一般市民の意識を調査しました。

日本ではエキゾチックペットが人気
若い世代は飼育意向が強い「エキゾチックペット」感染症や密輸の問題も
日本は世界有数のエキゾチックペット市場であり、カワウソ、ハリネズミ、フクロウのほか、数多くの希少なカメやトカゲ、カメレオン、カエルなどの動物がSNSやマスメディアを通じて人気を集め、一般家庭やカフェ施設での飼育を目的に売買されています。

実際、日本のフクロウカフェに代表されるエキゾチックアニマルカフェ(触れ合い施設)の数は、東・東南アジア地域で最多であるとされます。
しかし、こうしたエキゾチックペット人気の裏に、感染症、動物福祉、絶滅危惧種、密輸、外来種といった問題が潜んでいることはまだ十分に知られていません。

3人に1人が触れてみたい、6人に1人が飼ってみたいと回答
若い世代は飼育意向が強い「エキゾチックペット」感染症や密輸の問題も
2021年2月1日から3日にかけて、15歳から79歳までの1000人を対象に行った意識調査では、3人に1人(33%)がエキゾチックペットに触れてみたい、6人に1人(17%)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.