くらし情報『【洗濯用洗剤の特徴】粉末それとも液体?仕上がりに合わせて使い分けをしよう』

【洗濯用洗剤の特徴】粉末それとも液体?仕上がりに合わせて使い分けをしよう

2018年3月6日 10:00
 

大きく粉末洗剤と液体洗剤に分かれる洗濯用洗剤。
理想は衣類の素材や汚れ具合、仕上げた色合いや風合いなどによって使い分けをする必要があります。ただ、こまめに洗濯を繰り返すのは大変ですよね。

ここでは洗濯用洗剤の特徴を理解しておきましょう。

パワフルな洗浄力で汚れを落とす洗濯用洗剤

洗濯用洗剤は洗浄力が強い弱アルカリ性です。皮脂、油、泥汚れなどに向いています。
一般的には粉末タイプ、液体タイプですが固形やシートタイプもあるようです。

粉末タイプ
液体より界面活性剤(かいめんかっせいざい)の成分が多く、いろいろな汚れを落とします。必要以上の量を投入すると固形のまま残ってしまうことがあります。

液体タイプ
水にとけやすいのが特徴です。しつこい汚れ落としなら直接塗ります。

関連リンク

・ハンコよりも使える!?ギュッと貼るだけのお名前シールが簡単便利[PR]
・【消臭グッズ 基本の“き”】ニオイが消えない…それ、選び方がマズいのかも
・【ニトリ】のアイテムで快適な夏を過ごそう!ひんやり気持ち良いべッド周りのポイントも紹介☆
洗濯洗剤は粉タイプそれとも液体タイプ?


衣類の風合いを残してふんわり仕上げ中性洗剤

毛、絹、アセテートなどデリケートな衣類を手洗いする場合に使います。
主な成分は界面活性剤(かいめんかっせいざい)ですが、繊維に影響がある酵素や蛍光剤は入っていないので、風合いを残してふんわり洗います。

頑固な汚れには部分洗い剤

直接つけるだけで簡単です。
えりの汚れ、シミ抜き、泥汚れなど部分的な汚れを落とすときに使います。
本洗いする前にこの下処理をしていくことで衣類がキレイに仕上がります。ただし、洗浄力が強いので色落ちしやすい衣類などは避けましょう。

汚れやシミ、黄ばみを落とす

漂白剤
汚れやシミ、黄ばみの色素を分解して衣類本来の色を回復させます。漂白剤の種類は「塩素系」「酸素系」です。
塩素系の漂白剤は酸性の洗剤とまぜると有害なガスが発生して危険です。

洗い上がりに差がつく柔軟剤とのり剤

洗濯洗剤は粉タイプそれとも液体タイプ?
柔軟剤は界面活性剤(かいめんかっせいざい)が潤滑油となり繊維どうしの摩擦を減らしてふんわり仕上げてくれます。
また、静電気の防止や衣類の黒ずみ防止、毛玉ができにくくする効果も。もちろん今は香りも重要視されてますね。

のり剤は繊維をまとめてくっつける働きがあります。
洗濯後にアイロンをかけるとさらに効果がアップします。

まとめ

中性洗剤それともアルカリ性洗剤?
中性洗剤は洗浄力がおだやか。毛、絹、おしゃれ着などに向いています。
綿、麻、合成繊維などは洗浄力が強い弱アルカリ性洗剤が向いています。

酵素入りって?
酵素は繊維の奥まで汚れを落として分解します。ひどい汚れには酵素入り洗剤を。
ただし、塩素系漂白剤は酵素の力を弱めるので併用はやめましょう。

蛍光剤いりってどうなの?
白い衣類は蛍光剤で白く仕上げているものがあり、洗濯のたびに落ちるので蛍光剤入り洗剤が効果的です。
色柄物をスッキリ見せるなら無蛍光を。

こんな汚れにはコレが効く!
⇒【保存版】日々のお掃除で大活躍する洗剤まとめ30選

洗剤の基本を知る
⇒種類を知っているだけで時短や掃除がラクになる

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.