くらし情報『五島列島発のものづくりブランド「monoYa」が間伐材の活用した環境と地域に優しいまな板の販売を開始』

2022年1月4日 10:30

五島列島発のものづくりブランド「monoYa」が間伐材の活用した環境と地域に優しいまな板の販売を開始

株式会社釣りします(所在地:長崎県五島市、代表取締役:立川 裕也、専務取締役:木村 駿斗)は、長崎県五島列島のいいものを発見し広める、ものづくりブランド「monoYa」を立ち上げ、その第一弾となる五島育ちの天然ヒノキのまな板とお皿「hinoki no mono」の販売を開始いたしました。登録者数30万人超えの人気暮らし系YouTuber「OKUDAIRA BASE」さんとコラボレーションし、レビュー動画も公開しています。

五島列島発のものづくりブランド「monoYa」が間伐材の活用した環境と地域に優しいまな板の販売を開始

五島育ちの天然ヒノキのまな板とお皿

■技術継承や地域活性に繋がるものづくりブランド「monoYa」
長崎県五島列島を拠点に、いいものを「見つけたい」「創りたい」「広めたい」「育てたい」という想いで活動する、ものづくりブランドです。地域に眠るいいもの、ものにまつわるストーリーを見つけ、共に創り、広めることで、その技術や想いが継承される循環を目指します。

■五島で育ちの丈夫なヒノキの間伐材を活かした、長く使えるいいもの「hinoki no mono」
hinoki no monoは、monoYaが手がける五島列島発の木工プロダクトです。

五島は大陸から吹き込む偏西風の影響により台風の軌道と重なることが多く、気候の影響を強く受けます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.