恋愛情報『「若作り」は痛いし結婚に不利?「若見え」と「若作り」の違いはこれ』

2020年11月10日 11:55

「若作り」は痛いし結婚に不利?「若見え」と「若作り」の違いはこれ

目次

・【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情595】
・若見えは素敵!若作りは痛い!?
・若作りは恋愛や結婚に不利
・若い子のような恋愛は自分が苦しくなるだけ
・大人な恋愛とはどういうもの?
・いつまでも過去にしがみつかないで
「若作り」は痛いし結婚に不利?「若見え」と「若作り」の違いはこれ

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情595】

いろいろな場面で耳にする「年相応」という言葉。簡単に言うと、若作りでもなく、妙に年よりじみてもいなくて、年齢に合っているってことですね。

どう考えたって、年不相応な人よりも、年相応な人のほうが魅力的です。アラサーはもう立派な大人。ファッションも恋愛も、年相応にしませんか?

■若見えは素敵!若作りは痛い!?

先日、電車に乗っていたら、目の前の席に昔の浜崎あ〇みみたいな格好をしている40代前半くらいの女性がいまして……。「きっとこの人は20代で時間が止まっているんだろうなぁ……」と、引きつつ驚きました。

やっぱり年相応の見た目じゃないと痛いんですよね。だって、アラサーやアラフォーでファッションやメイクが20代前半のままって、かなり厳しいですから。

本人的には“若見え”のつもりでも、周りからしたら「なんか勘違いしている」「年齢を重ねることへの必死の抵抗?」など、“無理した若作り”と取られかねません。

そもそもですが、「若見え」と「若作り」は全然違いますからね。「若見え」は、ファッションやメイクは年相応だけど、肌や髪などのケアをしっかりしていて美しく、実年齢よりも若く見られること。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.