恋愛情報『荒療治で失恋から立ち直る?つらい時期を乗り越えた女性たちの体験談』

2017年7月13日 20:00

荒療治で失恋から立ち直る?つらい時期を乗り越えた女性たちの体験談

確かに!

・「女が男の友達になる順番は決まっている。まずはじめが親友、それから恋人、そして最後にやっとただの友だちになる」(アントン・チェーホフ

大好きだった人といつか友達になり、「あんなこともあったね」と笑い合えるようになったら…いいですね。

・「われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である」(芥川龍之介

部屋に閉じこもって、彼のことを忘れようとしても忘れられないけれど、スケジュールを用事で埋め尽くしたら、思い出すヒマもなくなるのかも。

名言と呼ばれる言葉には、趣旨も思考も違うものがたくさん存在しています。いろいろ読めば、自分の気持ちに寄り添ってくれるものがきっと見つかるはず。
名言なんて…と思わないで、一度、名言集などを手に取ってみてはいかがでしょうか。

◆どうしても立ち直れないなら

失恋から立ち直るスピードは人それぞれ。すぐに立ち直れる人もいれば、一人の男性を思い続けてなかなか次に進めない人もいるでしょう。

「あの人のことを忘れられない」と次の恋を諦めてしまうのではなく、「今は傷心に浸るとき」と割り切ることも大切。
無理に忘れよう、立ち直ろうとする必要はありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.