恋愛情報『結婚すると不幸になるバツイチ男性の見抜き方』

2018年8月26日 12:30

結婚すると不幸になるバツイチ男性の見抜き方

目次

・1. 離婚理由をはっきり言えない
・2. 離婚の原因を奥さんのせいにしている
・3. いつ離婚したのか、財産分与、慰謝料についての話をしない
・4. 前妻との子供との関係を言わない
結婚すると不幸になるバツイチ男性


「別に初婚じゃなくてもいいよ」とバツイチ男性でも結婚相手としてOKを出すアラサー女子は多くなってきました。
でも、しっかりと相手を見極めてから付き合って、結婚に踏み切らないと、前の奥さんと同じ苦しみを味わう羽目になっちゃうかも。
バツイチ男性と結婚すると必ず苦労するというわけではありません。
結婚をすると苦労するバツイチ男性がいるという事を知り、上手に避けていくことが必要なのです。
今回は、結婚すると不幸になるバツイチ男性の見抜き方をお届けします。

1. 離婚理由をはっきり言えない

離婚理由を聞いても言葉を濁すような男性は、まず信用してはダメです!
自分に非があるということを分かっているので、理由をはっきり言えないのです。
大抵の場合、不倫や浮気を繰り返して奥さんに愛想を付かされたとか、風俗に頻繁に通いすぎて借金した、カードローンをしすぎてお金が返せなくなった、共働きなのに家事育児に一切協力しないで愛想をつかされたなど、言いづらい問題が潜んでいる事が多いです。

2. 離婚の原因を奥さんのせいにしている

結婚すると不幸になるバツイチ男性


離婚の理由を聞いた時、原因を奥さんばかりに押し付けている男性も信用できません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.