ビューティ情報『ランニング前後のストレッチはこれ!インストラクターが徹底解説』

2019年9月4日 09:00

ランニング前後のストレッチはこれ!インストラクターが徹底解説

それでは、ランニング後に特に行っておきたいストレッチを3つご紹介しましょう。

《 静的ストレッチのポイント 》
静的ストレッチは、心地良いストレッチ感が得られる強度で、20〜30秒間伸ばしていくのがポイントです。

太もも前部(腸腰筋と大腿四頭筋)のストレッチ

ストレッチする側の脚を後ろに引き、膝を曲げて足首を持ち、かかとをお尻につけます。こうすることで、太もも前部に位置する腸腰筋(ちょうようきん)と、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)がストレッチされます。

余裕があれば、足首を持っていた手を、つま先に持ちかえてみましょう。

太もも後部(ハムストリングス)のストレッチ

ストレッチする側の脚を一歩前に出します。膝を伸ばしたまま、お尻を後ろに引きつつ胸を前に突き出すことで、太もも裏側にあるハムストリングスがストレッチされます。このとき、つま先と膝は正面に向けるようにしましょう。

ふくらはぎのストレッチ

脚を前後に大きく開き、後ろ足のかかとが地面から離れないようにしながら、前脚の膝に両手を添え、重心を前脚に預けます。こうすることで、後脚のふくらはぎがストレッチされます。

ふくらはぎは特に障害が多く発症しやすい箇所です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.