ビューティ情報『忙しくても睡眠時間は必ず確保!ショートスリープのリスクとは』

2020年1月9日 09:00

忙しくても睡眠時間は必ず確保!ショートスリープのリスクとは

と呼ばれ、アルコールの量で表すとビール500ml1本、日本酒1合、ウィスキーのシングル3杯を呑んだ時の状態です(個人差はあります)。

生理痛やPMSなどの悪化

成長ホルモンが出にくくなる事でホルモンバランスが乱れ、生理痛、PMS、更年期症状が重くなります。

ショートスリープを目指す前に見直したいポイント

朝食定食

朝起きた時から「質の良い睡眠」が取れるライフスタイルを送るようにする

朝食に味噌汁、豆腐、納豆などの大豆を使った食物を食べるようにしましょう。時間は就寝16時間前、24時就寝なら8時が目安です。食欲がない時は無調整豆乳だけでも十分です。

またランチは炭水化物メインにならない様に汁物、タンパク質も摂るようにしましょう。炭水化物メインは、血糖値の急上昇で眠気やダルさが出て脳の働きが鈍くなり、タスク処理速度が落ちて帰りが遅くなってしまいます。夜のアルコールは就寝3時間前まで、スマホ断ちは1時間前にするのもポイントです。ショートスリーパーを目指す人は、アルコール摂取やスマホ操作を寝る直前まで見ている事が殆どです。これを取り入れる事で脳が休息モードに入り質の良い睡眠が取れます。

寝る時間、起きる時間を決めた上で1日のスケジューリングをする

紙に書き出す事でその日にやらなくても良い事が分かります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.