2015年12月2日 11:00|ウーマンエキサイト

忙しくてもできる! ヘアメイク草場妙子さんに教わる「大人のための乾燥対策」

赤木真弓
ライター
赤木真弓
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
これからの季節、アラフォー世代の肌の悩みの原因となるのが「乾燥」。乾燥すると、肌荒れして化粧ノリが悪くなるほか、小じわシミができやすくなるなど、肌のトラブルに繋がります。

忙しくてもできる! ヘアメイク草場妙子さんに教わる「大人のための乾燥対策」

ヘアメイクアップアーティスト 草場妙子さん


とはいえ、「忙しくて時間がない、何から始めたらいいかわからない」という人に “これだけはやっておきたい” スキンケアのポイントとおすすめアイテムを、ヘアメイクアップアーティスト草場妙子さんに伺いました。

「奪いすぎない保湿」が鍵。ミルククレンジングがおすすめ草場妙子さんは、雑誌や広告、CMなどで幅広く活躍するヘアメイクアップアーティスト。コスメ好きが高じて、インスタグラムではおすすめの美容アイテムを紹介し、普段のメイクに悩む大人の女性たちにも大変好評です。

「自分で買って試して、いいと確信したものだけをアップしています。もし迷っていることがあれば、こういうものがあるんだとか、ずばりそのものを買わなくても似ているものを試してみよう、と誰かのヒントになればいいなと思ってやっているんです」と草場さん。

忙しくてもできる! ヘアメイク草場妙子さんに教わる「大人のための乾燥対策」

草場さんのインスタグラム @kusabataeko


そんな草場さんに伺った、大人の女性が気をつけるべきスキンケアのポイント。まず注意しなくてはいけないのがクレンジングだといいます。

「乾燥すると肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなり、皮膚が硬くなるなどマイナス面ばかり。そんな乾燥で悩んでいる方の多くは、きれいに洗いすぎている印象があります。

以前は『とにかくきれいに汚れを落として、しっかり保湿しましょう』といわれていたので、その刷り込みがずっと残っていて、大人になってもきれいに洗いすぎてしまう。それが乾燥肌を引き起こし、より悪化させてしまうんです。

そこでおすすめなのは、一番肌にやさしく、しっとりとした使用感のミルククレンジング。汚れを落とすのに必要な、界面活性剤の配合量が比較的少ないんです」

忙しくてもできる! ヘアメイク草場妙子さんに教わる「大人のための乾燥対策」

ミルクタイプのほか、草場さんが最近愛用しているのが、クリームタイプのクレンジング。ローズヒップオイルを贅沢に使い、洗い上がりがしっとりします。「トリロジー」クレンジングクリーム 200ml \4,300(税抜)


「もちろん汚れ落ちがよくなくなりますが、その分必要な皮脂や油脂を奪いすぎません。極論を言えば、汚れが残ってもいいから皮脂を取りすぎないことが大切。潤いがほしい、しっとりとさせたいときは、“与える保湿” より “奪いすぎない保湿”というのが、私がスキンケアの要としていつも思っていること。だからミルククレンジング、その後のダブル洗顔はしないことをおすすめします」
赤木真弓
赤木真弓の更新通知を受けよう!
確認中
赤木真弓
赤木真弓の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
赤木真弓
赤木真弓の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
赤木真弓
赤木真弓をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
赤木真弓
赤木真弓の更新通知が届きます!
フォロー中
赤木真弓
赤木真弓の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.