ビューティ情報『なんか幸薄そう…「目の下のクマ」ができる原因と対策』

2017年8月23日 18:00

なんか幸薄そう…「目の下のクマ」ができる原因と対策

冬より夏の方が“冷え対策”をいわれるようになったこの頃。実は目の下のクマも夏にできやすいって知っていましたか?
メイクで隠しても、すっぴんはなんだか幸薄そうな顔に見えてしまう目の下のクマ。できてしまう原因を知って、クマのない綺麗な目元を目指しましょう。

「目の下のクマ」ってなんでできちゃうの?

疲れている

目次

・疲れている
・ストレス
・血行不良
・貧血
・こすりすぎ
・睡眠と休息
・頭部&首・肩のマッサージ
・半身浴
・甘い物の摂りすぎ注意
shutterstock_345961085


過労や睡眠不足など、身体に疲れが溜まっていると血流が悪くなり、目の下にクマができてしまいます。寝不足の朝だけ、目の下にクマができる人もいるのではないでしょうか。

目の下の皮膚は、顔の中でも一番皮膚が薄い部分。青く見えるのは静脈が透き通って見えるからです。疲れた時は、血流が悪いため、茶色く見えることもあります。

ストレス

shutterstock_63898672

一見関係なさそうなストレスですが、実は血行を悪くしてしまいます。疲れと同じく、目の下のクマが目立つ原因のひとつです。

血行不良

shutterstock_303353360


クーラーの効いた部屋にいることが長かったり、ついついシャワーだけで済ませたりしがちな夏。夏冷えが気になりますが、冷えるということは血行が悪く、目の下にクマをつくる原因にもなります。

貧血

shutterstock_629582183


毎月生理で経血を失う女性は、貧血になりがち。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.