ビューティ情報『顔は最初?それとも最後?お風呂で洗う順番で肌ダメージが変わる!』

顔は最初?それとも最後?お風呂で洗う順番で肌ダメージが変わる!

2018年2月21日 18:00
 

肌が荒れているとき、特に顔!!実はお風呂で洗う順番が間違っていることもあります。顔は全身の中でも皮膚が薄く、ダメージを受けやすい場所。洗う順番には注意して、肌ダメージを抑えていきましょうね。
洗う順番を意識して、肌ダメージを変えていきましょう。毎日のことなので、確実にお肌への影響が変わってきますよ。

顔のダメージを最小限に抑える洗い方をしよう

関連リンク

・お風呂に入ろう♪美肌づくり&ダイエット入浴法でキレイになっちゃおう!
・黒ずみ毛穴にはビタミンC誘導体を!APPSがおすすめの理由と使い方
・キツそうなイメージとはおさらば!メイクで作る優しい印象♡
shutterstock_204695677


お風呂で洗う順番を意識する前に気にしていただきたいのが、まずは顔のダメージを最小限に抑える洗い方を意識していただきたいということ。一番最初に顔を洗ってしまうと、顔は皮脂など洗い流された無防備な状態で、シャンプーやトリートメントといった刺激の強い成分を受けることになるので、肌ダメージにつながりやすくなるのです。

これを防ぐことが、顔のダメージを最小限に抑える洗い方ということになります。そのために、洗う順番を意識する必要があるのです。ほんの少しの意識の違いが、未来のお肌を変えていきます。ほんの少しだけ、頑張ってみることから、始めてみましょう。

洗う順番は顔を最後にするか、洗顔後にオイルをつけて守る
shutterstock_245687602


顔を洗う順番は最後にする、または洗顔後にオイルをつけて顔を守るようにしましょう。顔を洗う順番を最後にすれば、顔が無防備な状態で、トリートメントなどの刺激を受けることがなくなり、特におでこのニキビの原因になりがちな刺激を軽減できます。

ですが、メイクをしっかりしている場合は、顔が濡れる前にメイクを落としておきたいところですよね。その場合は、顔を先に洗って、洗顔後に顔用のオイルを数滴顔につけて、刺激から顔を守るようにしておくとよいでしょう。

まずは頭を洗って、トリートメントもしてしまおう
shutterstock_520303060(2)


さて、顔を最後に洗う場合は、まずは頭を洗って、トリートメントもつけてしまいましょう。トリートメントは、毛穴を詰まらせることもあるため、頭皮には直接つけないものですが、同様に体の毛穴にも、付着したまま残ってしまうのはよくないことです。

ですから、先にトリートメントまでしてしまい、その後に、体や顔を洗った方が、最終的なトリートメントの付着を防げるのです。この順序が逆であると、体や顔に、トリートメントが残ってしまい、肌荒れの原因になることもあります。気を付けましょう。

体を洗って、最後に洗顔
shutterstock_702007435


シャンプー・トリートメントをしっかりと終えたら、最後に洗顔をして終了にしましょう。洗顔は、しっかりと洗顔料を泡立てて、もこもこの泡で、擦らないように洗うと、毛穴の汚れまでスッキリと落せます。顔は大切に、ゴシゴシとこすらず最後まで刺激から守ってあげるようにするのが、洗顔のコツです。

肌が特に敏感な時は、洗顔後の肌にオイルをつけて守るようにすると、その後半身浴をするときも、肌から水分が逃げていきにくくなるため、おすすめです。ちょっとしたオイル使いで肌を守る方法は、いろんな場面で使えますので、よいオイルをひとつ常備しておくと便利でしょう。

【テクニック】最初に洗顔をしてしまい、顔をダメージから守るためにパック
shutterstock_40803076


最初に洗顔をしてしまいたい場合には、クレンジングから洗顔まで、はじめに行ってしまい、その後に顔をダメージから守るために、洗い流すタイプのパックをしましょう。

こうしておけば、顔を守りながら、パックの時間をとることができ、一石二鳥です。お風呂の中は自然に湯気が立ち、スチーム効果も期待できるため、パックをするには好都合な場所。毎日パックをするのはケアとしては過剰ですが、時々はこのテクニックを使って、顔をダメージから守りながら、スペシャルケアを行ってみましょう。

洗う順番を考えて、肌ダメージを少なくしていこう
shutterstock_289768772


洗う順番、普段無意識だとしたら、これからは少し考えて肌ダメージを少なくしていきましょう。洗う順番を変えることで、確実に肌のダメージを減らしていくことができるでしょう。とくに、おでこのニキビや背中のニキビなどに悩まされている人は、要注意。実は原因は洗い残しのトリートメントかもしれません。

思い当たることがあったとしたら、すこしの注意で、肌ダメージを少なくしていきましょう。そうすることで、確実に未来の肌が変わっていくのです。ほんの少しずつ、頑張っていきましょうね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.