ビューティ情報『“小皿食べ”ダイエット!小皿・豆皿を利用して副菜ダイエット』

2018年5月10日 12:00

“小皿食べ”ダイエット!小皿・豆皿を利用して副菜ダイエット

ご飯大好き!1品料理大好き!そんなどんぶり飯の食べすぎ派に“小皿食べ”ダイエット。小皿料理で副菜を増やし、品数を増やすことで、自然と炭水化物の量を減らすことができるのです。

品数が増えることで摂取できる栄養素も増えますので、健康にとっても非常に良い方法です。唯一の欠点は手間がかかることですが、そこは盛るだけ、火を通すだけでできる料理のレパートリーを増やしてうまく乗り切りましょう。

目次

・食物繊維とコスパのいい“もやし”
・“ブロッコリー”や“枝豆”は茹でるだけでもおいしい
・豆腐は切ってたれをかけるだけ


ドカ食い防止の“小皿食べ”ダイエット
小皿食べダイエット
出典:GODMake.
料理が面倒でどんぶり飯系に偏ったり、外食でもさっと食べられるものばかりを選んでいると、どうしても炭水化物のドカ食いに走りやすくなります。特に麺類、ラーメンやパスタは、炭水化物の比重が大きくなりがちですので、気を付けましょう。

そして、炭水化物に偏りがちな食生活の救世主が小皿料理。自炊するときは、小皿に盛るような副菜をなるべく増やすように意識して作ることで、自然と炭水化物の摂取量を減らすことができます。具体的には、ご飯にふりかけだけよりも、副菜を数種類用意する方が、野菜やたんぱく質の摂取量が増え、その分炭水化物を食べなくても満腹になることができるようになるのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.