ビューティ情報『“小皿食べ”ダイエット!小皿・豆皿を利用して副菜ダイエット』

2018年5月10日 12:00

“小皿食べ”ダイエット!小皿・豆皿を利用して副菜ダイエット

食物繊維とコスパのいい“もやし”

コスパがよく、節約料理の王様的存在であるもやしは、副菜としても優秀です。シャキシャキした食感で、食物繊維がしっかりと摂れるのが嬉しいところ。

基本は茹でて味付けするだけでOK。ごま油と塩だけでもナムル風になって美味しくいただけますし、さらに少し鶏がらスープのもとなどを加えれば、飽きずに食べられる常備菜になります。

他の食材と一緒に炒めてもOK。欠点は、買ってから傷むまでの時間が早いこと。もやしはなるべく購入したその日に調理しましょう。

“ブロッコリー”や“枝豆”は茹でるだけでもおいしい

茹でて、たれや塩と絡めるだけで食べることができる食材も、副菜としては非常に便利です。ブロッコリーと枝豆は基本茹でるだけで食べれますので、うまく使いこなしましょう。

ブロッコリーのつけだれは、マヨネーズを基本にして、醤油やソース、ピクルスなどを混ぜて一工夫すると、飽きずにたくさん食べることができます。

枝豆は、新鮮なものを茹でて塩を振ればそれだけでOK。高たんぱく低カロリーで、おつまみとしてもとっても優秀です。

豆腐は切ってたれをかけるだけ

豆腐はそのまま切って、醤油や薬味などのたれをかけるだけで十分です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.