ビューティ情報『顔につける日焼け止めのSPF・PAは低くても大丈夫?顔にもSPF50+がおすすめ!』

2019年6月15日 08:00

顔につける日焼け止めのSPF・PAは低くても大丈夫?顔にもSPF50+がおすすめ!

普段顔にはどのような日焼け止めを使用していますか?顔には負担をかけたくない、ということから数値の低い日焼け止めを使用している方は多いかもしれません。しかし、塗り方次第でその数値を発揮できていない可能性があります!
日焼けを最小限に抑えたい方は、顔であっても最高値であるSPF50+・PA++++がおすすめ。

日焼け止めの数値はどのように決められる?日焼け止めの選び方のポイントを伝授!

目次

・紫外線の種類によって与える肌ダメージは違う!
・SPF・PA値の測定方法は?
・顔にも強力な日焼け止めが良いのはホント?
・日焼け止めを選ぶポイントは?
・日焼けを最小限に抑えるために

紫外線が強くなるこの季節、どのような日焼け対策をしていますか?日差しが強くなると、ドラッグストアではずらりと並ぶ日焼け止め。どの日焼け止めを使えば良いのか迷いますよね?

特に顔は焼きたくないけれど、肌への負担が少ないものを選びたいもの。そこで今回は顔の日焼けをしたくない方に、日焼け止めの選び方についてお伝えします。

紫外線の種類によって与える肌ダメージは違う!

紫外線の種類によって与える肌ダメージは違う
出典:GODMake.
紫外線には種類があることをご存知ですか? 厳密にいうと紫外線にはUV-A・UV-B・UV-Cの3種類があります。しかし、UV-Cはオゾン層に反射し、現段階では地上に降り注いでいないので、今回はUV-A・UV-Bの特徴についてお伝えします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.