ビューティ情報『人生100年時代を生き抜くための「年代に合う食事」とは』

2021年4月7日 06:00

人生100年時代を生き抜くための「年代に合う食事」とは

人生100年時代を生き抜くための「年代に合う食事」とは


「今は人生100年時代。50歳といえば、人生のほんの折り返し地点です。心身ともに健康で過ごすことができる「健康寿命」を延ばすためには、食生活の見直しがとても大切です」

こう話すのは、東京慈恵会医科大学附属病院栄養部の濱裕宣先生だ。濱先生は同部の赤石定典先生と共に、栄養を効率的に取るための活動を行っている。

「特に女性は、50歳前後からホルモンバランスの乱れで更年期障害に悩まされたり、なんらかの生活習慣病が診断されるなど、体の変化を感じやすくなります。そのため、更年期に入っても若いころと同じ食事を続けていては、体に無理が生じてしまいます。中高年には中高年に合った栄養の取り方があり、それによって体調をコントロールすることも可能となるのです」(濱先生)

50代以降の女性に特に気をつけてほしいのは、「血管」「筋肉」「骨」「肌」「腸内環境」の5つの健康だという。

「動脈硬化が悪化して引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞は、50代から増加します。動脈硬化とは、本来ゴムのように柔らかい血管が硬くなったり、血管壁の内側にコレステロールがたまることで血液の流れが悪い状態を指します。動脈硬化を防ぐためにも、血管をしなやかにし、血流をサラサラにする食材を取るようにしましょう」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.