ビューティ情報『【お医者さんに聞いてみよう!】Q:初産が高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?』

2016年12月18日 13:39

【お医者さんに聞いてみよう!】Q:初産が高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?

目次

・質問:初産が高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?
・回答:「高齢出産」についてお答えします。
【お医者さんに聞いてみよう!】Q:初産が高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?

質問:初産が高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?

28歳女性です。パートナーがいますが、結婚はしていません。お互いの人生設計の関係で、結婚・出産できるのは2年後以降になりそうです。
ある研究結果で初産が30歳を超えるとリスクが高くなると聞きましたが、高齢出産になる場合、具体的にどのようなリスクが高くなるのでしょうか?
また、安全に健康な赤ちゃんを産むために、生活面などで注意して行えることはありますでしょうか?
海外在住:かれん1986さん(28)

回答:「高齢出産」についてお答えします。

――「高齢出産」で想定されるリスク
高齢出産に関するご質問ですね。高齢出産の定義は諸説あります。1993年以前の日本では、30歳以上の初産婦を高齢出産とする考え方が主流でしたが、WHO(世界保健機関)の定義などと足並みをそろえる形で、現在は医学的な高齢出産は35歳以上での初産とされていることが多いため、35歳以上の出産としてお話しさせていただきます。

もちろん個人差は大きいですが、女性の一生のうち、10代の後半から30代の前半までが妊娠と出産の能力の最盛期と考えられています。30代後半以降は徐々に子宮や卵巣の機能が低下し、妊娠そのものが成立しにくくなると考えられています。また、一旦妊娠が成立しても流産率がやや高いことも知られており、全妊娠における自然流産率が1割から1割5分といわれているのに対し、35歳以上の妊娠では約2割が自然流産に終わるといわれています。加齢とともに流産が増加する原因としては、卵子が老化していることや、卵子の老化によって胎児に先天的な染色体などの異常が増えることが挙げられるでしょう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.