ビューティ情報『尾崎世界観「匂いには敏感なほうで、作品にもすごく反映させています」 香水を語る』

2022年5月21日 20:10

尾崎世界観「匂いには敏感なほうで、作品にもすごく反映させています」 香水を語る

気になるあの人の美容話。今回は、クリープハイプのフロントマンで、小説やエッセイなど紡ぐ言葉で異彩を放つ尾崎世界観さん。

香りは、記憶を呼び覚まし、相手への想いを知る手がかりにもなる。

目次

・香りは、記憶を呼び覚まし、相手への想いを知る手がかりにもなる。
・Fragrance Data
・Ozaki’s Beauty Rules
尾崎世界観「匂いには敏感なほうで、作品にもすごく反映させています」 香水を語る


「香水は中学生の頃につけていました。当時、手軽に薬局で買えた1000円もしないもので、みんな同じ匂いでしたね(笑)。今日はいろんな香水を嗅がせてもらいながら、昔の記憶が蘇ってきました。子供の頃デパートの1階の化粧品売り場の匂いが好きだったなとか、ちょっとだけバイトしてたラブホテルのこととか」

同じコレクションから違う種類をつけ、二人だけの香りを楽しむスタイルを伝えると、関心を引いたよう。

「匂いを紙(=ムエット)につけて嗅いだ時と、実際に肌につけて自分の匂いと混ざった時の匂いが違ったり、香水は奥が深いですね。分量を間違えて一線を越えてしまうのが恥ずかしくて、つける勇気がないんですけど、香水を使いこなせる人は魅力的です。つけすぎちゃった人も、それはそれでかわいいんですけど」

五感を刺激する匂いは表現活動にも大きな意味が。

「匂いには敏感なほうで、作品にもすごく反映させています。香りはつけている人の目印になるし、匂いは相手への気持ちを知る手がかりに。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.