ビューティ情報『8項目をチェックするだけ! 睡眠のプロが教える「ぐっすり眠れる方法」』

2022年5月18日 20:00

8項目をチェックするだけ! 睡眠のプロが教える「ぐっすり眠れる方法」

沖縄、奄美地方以外はまだ梅雨にも入っていない5月なのに、暑くて暑くて寝苦しい…みなさんは何か対策されていますか?今回は、今の時期におすすめの快眠方法を、眠りとお風呂の専門家、SleepLIVE(株)代表の小林麻利子さんに伺います。

1.寝室の気温と湿度を「見える化」しよう

目次

・1.寝室の気温と湿度を「見える化」しよう
・2.寝具を用いる場合の快適な温度は26度台(個人差あり)、湿度50%台。
・3.まずは湿度を下げよう
・5.エアコンの設定温度と風量、風向き
・6.つけっぱなし?途中でタイマーオフ?
・7.つけっぱなしの場合は、女性はレッグウォーマーは必須!
・8.エアコン冷えにも考慮した、夏用の天然素材100%の寝具を用いる
8項目をチェックするだけ! 睡眠のプロが教える「ぐっすり眠れる方法」


まずお伝えしたいことは、熟睡に適した気温・湿度があり、それをきちんと「見える化」する、ということです。多くの方は、なんとなくの「感覚」だけにとらわれていて、暑い寒いを判断しがちです。そのお陰で、快適とは言えない環境で、寝ている途中で目覚めてしまったりと、睡眠に影響が出てしまうことも多々。

そのためには、安くてもいいので、温湿度計を用意することです。特にお子さんがおられるご家庭の場合は、親と子の睡眠サイクルや深部体温の変動が違うため、親が快適でも子どもは快適ではない、ということもあります。感覚に任せずにきちんと温湿度計で確認することが大切です。

2.寝具を用いる場合の快適な温度は26度台(個人差あり)、湿度50%台。

温湿度計を用意できたら、気温湿度を確認いただき、温度27度以上、湿度60%以上のどちらかであれば、具体的に対策をする必要があります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.