ビューティ情報『子宮筋腫や内膜症が簡単にわかる! 産婦人科医が教える「婦人科検査の受け方」』

2022年5月24日 19:30

子宮筋腫や内膜症が簡単にわかる! 産婦人科医が教える「婦人科検査の受け方」

都心で働く女性約300名が、定期的な婦人科検診とは別の、子宮・卵巣の状態を調べる婦人科検査を受けたところ、4人に1人が子宮筋腫などの疾患が発覚したのだそう。気づかず病気が進行しているなんて怖いですよね。でも婦人科検査って受けるべき?どんな感じなの?婦人科医に聞きました。

普段受けない婦人科検査で4人に1人が疾患あり!

目次

・普段受けない婦人科検査で4人に1人が疾患あり!
・子宮筋腫に気づかず生活する人は多い
・経腟超音波検査を受けるべき人は?
・経腟超音波検査の流れ
・経腟超音波検査は最も手軽な検査
・Information
子宮筋腫や内膜症が簡単にわかる! 産婦人科医が教える「婦人科検査の受け方」


婦人科検診、受けていますか?職場で毎年受けているという人もいれば、職場では用意されていないから受けたことがない、という人もいるでしょう。

しっかりと受けておきたいものですが、その定期的な婦人科検診でもわからない婦人科系の病気があるのをご存知でしょうか。知らない間に病気が進行していたとしたら、怖いですよね。実はそういう女性、意外と多いようなんです。

2022年3月に、三菱地所・ファムメディコ・神奈川県立保健福祉大学による「まるのうち保健室」が発表した「働く女性ウェルネス白書2022」では、丸の内エリアを中心とする都心で働く女性313名に対して行ったさまざまな調査結果が紹介されています。

驚いたのは、定期的な婦人科検診とは別の婦人科検査の一つである「経腟超音波検査(けいちつちょうおんぱけんさ)」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.