ビューティ情報『梅雨でもダニを寄せ付けない…! 今からでも間に合う梅雨時期の「ダニ対策」3選』

2022年6月10日 20:45

梅雨でもダニを寄せ付けない…! 今からでも間に合う梅雨時期の「ダニ対策」3選

蒸し暑い季節に気になるのが、布団やソファに潜むダニ。ダニは気温25~30度、湿度60%の環境で繁殖しやすくなると言われています(※1)。そのため梅雨時期はダニが急激に増えやすく、ダニのフンや死骸が原因でアレルギー症状を引き起こす恐れも(※2)。そこで今回は、梅雨時期にチェックしておきたい、布団やソファのダニ対策で大切なポイントをご紹介します。

1.こまめに掃除して、ダニのエサを取り除く

目次

・1.こまめに掃除して、ダニのエサを取り除く
・2.ダニ駆除アイテムを利用する
・3.ダニが増えづらいアイテムを選ぶ
梅雨でもダニを寄せ付けない…! 今からでも間に合う梅雨時期の「ダニ対策」3選


ダニが生息するには、気温と湿度だけではなく、人のフケや垢、食べかすなど“ダニのエサ”があることも条件としてあげられます(※2)。よって、寝ている間にたくさんの汗や皮脂を吸収している布団シーツや敷きパッドは、週に1回は洗うことをおすすめします。

布団を敷きっぱなしにして湿気を溜めないよう、晴れた日には天日干し、もしくは布団乾燥機を利用して乾燥させましょう。ダニを死滅させたいなら、布団乾燥機のダニ退治モードを利用して高温の熱風を送ってみてください。乾燥させた後は、布団に掃除機をかけてダニの死骸をしっかりと取り除きます。

布団専用クリーナーがない場合は、掃除機を付属の布団用ノズルに変更したり、ヘッドを短くしてハンディクリーナーにしたりして代用しましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.