子育て情報『トラウマになってしまうかも!?子どもに本当に言ってはいけないこと』

2020年3月10日 20:05

トラウマになってしまうかも!?子どもに本当に言ってはいけないこと

目次

・できれば避けたいこと
・やってはいけないこと
・実はトラウマはない!?
トラウマになってしまうかも!?子どもに本当に言ってはいけないこと


今では、ネットや情報誌などでは“子どもに言ってはいけなこと”があふれています。あまりにたくさんありすぎて、親にとっては覚えるのも大変ですし、言ってしまった後で「これは言ってはいけなかったのか」と後悔することも多々あるでしょう。

親だって人間ですから、余裕がないとついつい子どもを傷つけるようなことを言ってしまうこともあると思います。では、本当に子どもに言ってはいけないこととはどんなことなのでしょうか。

できれば避けたいこと

実は絶対的に子どもに言ってはいけないことはありません。ご自身を考えてみていただいてもわかるように、今“子どもに言ってはいけなこと”とされている言葉を親から言われた経験がある方はたくさんいると思います。

たとえば、
・兄弟やお友達と比較するようなこと
Ex.○○はできるのに、なぜあなたはできないの?
・存在を否定することば
Ex.あなたなんていなければいいのに、
・容姿を否定すること
Ex.〇〇ちゃんはかわいくないわね
・理不尽なことば
Ex.あなたはお姉ちゃん/お兄ちゃんなんだから
・何かをだしにして子どもにしてほしいことをさせる
Ex.△△したら、ご褒美に□□を買ってあげる
・過程ではなく結果を褒める
Ex.100点とってえらいね!
などなど。

これらは、できれば言わない方がいい言葉には違いありません。
けれど、子どもによって受け取り方はさまざまで、非常に気にする子もいれば、全く気にしない子もいます。

またこの先、成長していくなかで、他人からイヤなことを言われることもあるでしょう。わざわざ傷つけるようなことを言う必要は全くありませんが、親があまり神経質になる必要もないのです。

やってはいけないこと

絶対的に言ってはいけないことはありませんが、やってはいけないことはあります。
・子どもが傷つくとわかっていながら、言ってはいけないとされるようなことばを繰り返し言うこと
・自分が言われて嫌だと思うことをあえて子どもに何度も言うこと

これらは、子どもをたしなめるという理由をつけて、親の気分をスッキリさせることに子ども利用している場合が多いからです。言っている内容よりも、子どもに対して悪意があることの方が問題です。なぜなら、悪意は少なからずとも確実に伝わります。

一度ひどいことを子どもに言ってしまったとしても、親から愛されていると感じられれば、子どもはこの先も前向きに生きていく糧をもつことができます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.