子育て情報『実践して変わった!月経前症候群の絶望感を緩和できた方法3つ【体験談】』

2021年3月1日 22:20

実践して変わった!月経前症候群の絶望感を緩和できた方法3つ【体験談】

目次

・「命の母ホワイト」を服用する
・「ホルモンのせい」と唱える
・自分をひたすら許す
・著者:日出有海
気分が優れない女性


私は20歳ごろからPMS(月経前症候群)に悩んでおり、生理1週間前になると孤独感や虚無感に襲われます。家族に八つ当たりしたり、暗い表情で元気がない、家事がいつも通りできないなど、普段ならあまりやらない行動をとってしまうのです。

また、身体的症状は微熱が続く、頭痛が続くなどがあり、毎回心と体がとてもしんどくなります。そこで私がいろいろと試してみて、これらの症状に改善が見られた方法を3つご紹介します。

「命の母ホワイト」を服用する

私はPMS改善のために、友だちからすすめられた「女性薬 命の母ホワイト」を2年ほど前から服用しています。小林製薬から販売されている生理前や生理中の諸症状(イライラや生理痛、頭痛など)を改善するお薬で、11種類の生薬が血行を促し、体を温めることで心身の不調を改善していくと言われています。

「命の母ホワイト」を服用すると、怒りの沸点が頂点まで達するのを抑えてくれるように感じ、感情の起伏の波を小さくしてくれました。また、悩んでいた頭痛も改善しました。「命の母ホワイト」の価格は以下の通りです。

・84錠1,100円(税抜き)
・180錠2,400円(税抜き)
・360錠4,320円(税抜き)

「命の母ホワイト」はドラッグストアなどで購入可能です。1回4錠、1日3回毎食後に水またはお湯で服用。私はいつも生理が始まる1週間ほど前から飲むようにしています。

「ホルモンのせい」と唱える

つらい症状がでて落ち込んでいるときは、自分のせいではなく、「ホルモンのせい、ホルモンのせい……」とひたすら言い聞かせています。

以前、テレビでアグネス・チャンさんが、息子たちが反抗期になる前に「反抗期に心と体の変化が起こることはホルモンのせいだから」と教えていたことを知りました。アグネス・チャンさんの息子たちは、自分に起こる変化を「ホルモンのせい」と理解し、反抗期がほとんどなかったそうです。

「これって生理前も効くんじゃないか?」と思い、生理前になると「このつらい症状はホルモンのせい、ホルモンのせい……」と言い聞かせています。そうするとすこし心がラクになるのです。

自分をひたすら許す

罪悪感を感じることをする際も、自分をひたすら許します。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.