子育て情報『本を読んでも内容が頭に入ってこない!?単なる育児疲れかと思いきや…』

本を読んでも内容が頭に入ってこない!?単なる育児疲れかと思いきや…

3人目の子どもを妊娠中、本を読んでも内容が頭に入ってこなくなりました。本だけでなくSNSの投稿や学校のプリントも頭に入ってこなくなり、頭が回っていないことを実感する日々……。出産後もその症状が続いたものの、呑気な私は疲れているのだろうと気に留めずにいたのです。そんなときに診察に行った病院で告げられたのは、まさかのあの病気でした。

目次

・読んだ文章が頭に入ってこない!
・強迫性障害の症状が現れ、心療内科を受診!
・心療内科で告げられた病名はまさかの!?
・著者:河津明香


本を読んでも内容が頭に入ってこない!?単なる育児疲れかと思いきや…


本を読んでも内容が頭に入ってこない!?単なる育児疲れかと思いきや…


読んだ文章が頭に入ってこない!

最初に違和感を覚えたのは、3人目の子どもを妊娠中のことでした。読書が趣味でよく本を読んでいたのですが、ある日まったく文字が頭に入ってこなくなっていると気づいたのです。

本どころか、友人のSNSの投稿すら読んでも内容がまったく入ってきませんでした。文字は追えるのですが、読んだ内容が頭に入ってこないのです。そのときは「疲れているのかな」と気に留めていませんでしたが、その症状は産後まで続くこととなりました。

強迫性障害の症状が現れ、心療内科を受診!

3人目の子どもが生まれると、症状はますますひどくなってきました。上の子たちが持ち帰るプリントの内容もまったく頭に入ってこず、買い物に行っても何を買えばいいかわからない状態になったのです。

さらに私を襲ったのは、強迫性障害(きょうはくせいしょうがい)の症状です。物を並べる順番が決まってないといけない、行動の順番が決まってないと不安でイライラするなどの症状が顕著に現れ始めました。

高校生のころ強迫性障害とうつ病で心療内科に行った経験があった私は、心療内科の受診を決めました。

心療内科で告げられた病名はまさかの!?

心療内科で症状を伝えると、強迫性障害と軽いうつ状態であると診断が下りました。この診断に私はビックリ! 強迫性障害であるだろうとは予想していましたが、うつ状態だとは思っていませんでした。高校生のころうつ病になったときは、体の倦怠感がひどく起き上がることも困難だったかったからです。

今回は気分の落ち込みもなく体のだるさもなかったので、まさか自分がうつ状態だとは思いませんでした。文字が頭に入ってこないのは頭が疲れている証拠だそうです。心療内科では抗うつ薬が処方され、月に1度のカウンセリングを受けることになりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.