子育て情報『妊婦さんの理想の朝食とは!?朝が弱い妊婦さんはどうすればいい?』

妊婦さんの理想の朝食とは!?朝が弱い妊婦さんはどうすればいい?

目次

・妊娠中の食事で気を付けること
・妊娠中は必要なエネルギー量がアップ
・妊娠中の栄養不足は危険!
・1日の基本は3食+間食で
・献立の基本は主食・主菜・副菜
・妊婦さんにおすすめ! 朝食メニュー例
・朝が弱い妊婦さんにおすすめの対処法
・まとめ
・関連動画出産ドキュメンタリー(通常分娩)
妊娠中の朝食のイメージ


毎日3食、きちんと食べていますか? 妊婦さんの体はさまざまな栄養を必要としています。おなかの赤ちゃんを健やかに育むために、栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。今回は朝食に着目し、妊婦さんにおすすめの朝食例や、栄養バランスのポイントをご説明します。朝は食欲があまりない人にも、対処法をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

妊娠中の食事で気を付けること

妊婦さんの体は、赤ちゃんを育てるためにさまざまな栄養を必要としています。とはいっても体調の変化や食欲の変化などで、つい食事を疎かにしてしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。まずは妊娠中の食事について、心がけるべきポイントをご説明します。

妊娠中は必要なエネルギー量がアップ

厚生労働省では妊娠中の女性に必要なエネルギー量を公開しています。それによると、妊娠中は非妊娠時に比べて、必要なエネルギー量がアップしていることが分かります。

・妊娠初期(~妊娠15週)+50kcal
・妊娠中期(妊娠16週~27週)+250kcal
・妊娠末期(妊娠28週~)+500kcal

妊娠中の栄養不足は危険!

妊娠中といえば体重増加を気にして、“食べ過ぎてはいけない”というイメージがありますよね。確かに妊娠中に体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群や巨大児、分娩時の出血多量などを引き起こす恐れがあります。しかし、体重増加が少なすぎてもリスクがあることをご存知ですか?

妊娠前のBMIでやせ型~標準体格であった女性に関しては、妊娠中の体重増加が7kg未満の場合、低出生体重児を出産するリスクが高いと指摘されています。また、貧血や早産のリスクも高まるため、妊婦さんと赤ちゃんの健康のためには、栄養バランスをきちんと考えた食事をし、適正体重まで増やしていくことが大切なのです。

1日の基本は3食+間食で

「1日3食きちんと摂る」ことは生涯にわたり大切にしたい食生活の基本です。時間がないから、太りたくないからと食事を抜くと栄養不足になってしまいます。妊娠中は赤ちゃんの発育にも影響を及ぼす恐れがありますので、3食しっかり摂るようにしましょう。

献立の基本は主食・主菜・副菜

「主食」に「主菜」「副菜」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.