子育て情報『《新世代抱っこひも、見つけた!》使い方のレパートリーNo. 1! BECO8 クールを試してみました♪』

2018年10月13日 14:00

《新世代抱っこひも、見つけた!》使い方のレパートリーNo. 1! BECO8 クールを試してみました♪

8月に娘を出産し、いよいよわたしも二児の母デビュー致しました♪

2人育児は話に聞いていた通りの忙しさで、あっという間に下の子の1ヶ月検診を終えました♡ 毎日の散歩を再開できるようになったので、いよいよ抱っこひもの出番!上の子の時に大活躍したベビービョルンのオリジナルタイプの他に、新しくなったBECOを導入することに。わたしが店頭で紹介していた時よりも遥かにパワーアップした「BECO8」の魅力をご紹介します♡

・これひとつで何でも出来ちゃう! 従来モデルとの違いは?
・①3.2キロから使用可能、生まれてすぐのシーンでも!
・②優しく包み込みつつ、腰を支えるサポーターも
・③上からアウターを羽織れるスマートさ
・④バッテンじゃないとだめ!派は、BECO一択
・⑤背面のチャックを下ろすと…、2wayで素材を選択
・いざ装着! いろいろな抱き方&使い心地は?
・新生児(〜4キロ)を乗せる場合
・すこし大きくなったら(4.5〜7キロ)…
・バッテン抱っこ、腰抱きは?
・前向き抱っこにも、スムーズにスイッチ
・折りたたむと…
・写真で比較!ベビービョルンとはどう違う?
・他とかぶらない、値段も相応でママはうれしい♡
《新世代抱っこひも、見つけた!》使い方のレパートリーNo. 1! BECO8 クールを試してみました♪

これひとつで何でも出来ちゃう! 従来モデルとの違いは?

①3.2キロから使用可能、生まれてすぐのシーンでも!

「新生児から使用可」とされている抱っこひもでも、一般的なモデルはだいたい3.5キロ〜なのを知っていましたか?BECO8なら、3.2キロの新生児から使えます。3キロ前後で出生する子が多いなか、使用体重が低いのはより小さな赤ちゃんにでも安心という証拠ですね。

産後は、10日検診、2週間検診など退院してすぐに外出しなくてはいけない場面が意外とあります。わたしが出産した産院でも10日検診があり、しかも1人で向かわなくては行けなかったので、抱っこひもは必須アイテムでした♪たった300グラムでも早くから使えるのはかなりポイントが高いと思います!

②優しく包み込みつつ、腰を支えるサポーターも

わたしがブロッサム店頭に立っていたときのBECOの印象は、「綿が全体に入っていてふわふわ、柔らかい」、「でもその分他にくらべて安定感がない?疲れやすい?」というもの。お客様からも「他の抱っこひもの方がガッチリしていて、安定感がある気がするかも」など耳にしていました。

今回のBECO8はというと、全体にふわふわ感があり、肩ベルトも薄め。優しく包み込むので新生児など小さい頃にはぴったり!赤ちゃんに優しい印象。

でも、その時期だけでなく、新しく腰を支えるバックサポーターが追加されたので、「ガッチリ!しっかり!装着し続けても疲れ知らず」でした。サポーターは取り外しも出来るので、コンパクトに持ち歩きたい時には外してもOK。個人的には取り付けていた方が絶対にいいです♪

《新世代抱っこひも、見つけた!》使い方のレパートリーNo. 1! BECO8 クールを試してみました♪

③上からアウターを羽織れるスマートさ

肩ベルトは薄めで柔らかいですが、幅が広いのでしっかりフィット。この肩ベルトのスマートさは、上着を着る季節にはぴったり!チェストストラップ(肩ベルトのずり落ち防止)の高さ調節も、レールがしっかりしているので使用している間に段々と高さが変わってきてしまうのを防げます!

抱っこひもをし続けていると、このチェストストラップの高さが変わってくることはよくあること。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.