子育て情報『手作り「塩レモン」で子どもが大喜びの5つのレシピ』

手作り「塩レモン」で子どもが大喜びの5つのレシピ

2018年7月12日 12:29
 

暑くなってくると大量の汗をかき、熱中症対策として水分補給がとても大切です。経口補水液のように塩分と糖分が両方含んだ水が理想的だとされています。
そんなときに活用したい「塩レモン」のパワー。簡単に作れる方法をはじめ、子どもも大好きな活用レシピ5つを紹介します。

用意するものはたった3つ!

塩レモンは、名前の通り塩漬けのレモンのこと。スーパーでも塩レモンを使った調味料をよく見かけるようになりましたが、自宅でも簡単に作れます。

用意するものは、
・煮沸したビン(密封できるもの)
・国産レモン大3個(約450g)
・粗塩90g(レモンの重さの20%が目安)
の3つのみです。

目次

・用意するものはたった3つ!
・完成まで1週間!の作り方
・塩レモン水から副菜、メインまで!活用レシピ5つ
securedownload塩レモン材料

レモンは皮ごと使用するため、ワックスがけしていない国産のものを選んでくださいね。

完成まで1週間!の作り方

作り方は、
1.ビンを煮沸消毒します
2.レモンはよく洗い、キッチンペーパーで水気を取ります。半量をくし切り、半量を輪切りにし、取り除ける種は取っておきます
securedownload塩レモンレモンカット

3.ビンに塩・レモン・塩・レモン・塩の順に入れます。最後は塩で蓋をするようにします
securedownload塩レモン作り途中

securedownload塩レモン塩で蓋

4.蓋をしたままで、毎日上下逆さまになるように振り、中身が混ざるように動かします
securedownload塩レモン完成

1週間から2週間で食べ頃に。写真は約1週間後の状態。
完成した後に冷蔵保存すると安心です。長期保存が可能とされていますが、1カ月を目安に使い切ると良いと思います。特に夏場は保管場所に気をつけ、早めの使用をおすすめします。
securedownload塩レモン1週間後


塩レモン水から副菜、メインまで!活用レシピ5つ

1週間かけて作った大事な塩レモンを上手に活用して、おいしく使い切るためのおすすめレシピを5つ紹介します。
※レシピ内の塩レモンは、すべて液体のみの分量です。お好みで果肉も添えるとさわやかさがアップします

1.塩レモン水1人分
・水または炭酸水200㏄
・塩レモン小さじ1
・はちみつ小さじ1.5
すべてをコップに入れて混ぜるだけ!夏の水分補給にぴったりなさわやかドリンクの完成です。
子どもに作るときは、水に塩レモン少なめ、はちみつ多めにすると飲みやすくなります。
securedownload塩レモンドリンク


2.塩レモンドレッシング2人分
・オリーブオイル小さじ2
・塩レモン小さじ1
・にんにくチューブ少々
・ブラックペッパー
すべてボウルに入れて混ぜるだけ!野菜だけでなく、カルパッチョや冷奴にかけても相性抜群です。
securedownload塩レモンドレッシング


3.塩レモンスープ2人分
・白菜2枚
・鶏ひき肉80g
・春雨20g
・水600㏄
・塩レモン小さじ3
・鶏ガラスープ小さじ1.5
鍋に水、食べやすい大きさに切った白菜、鶏ひき肉を入れ、ひき肉に火が通るまで灰汁を取りながら火にかけます。
春雨(湯にもどさなくてOK)、塩レモン、鶏ガラスープを加えて5分ほど弱火で加熱したら完成です。
securedownload塩レモンスープ


4.焼きそば1人分
・キャベツ、ニンジン、玉ネギ、豚バラ肉などお好みの具材
・中華麺1袋
・塩レモン小さじ1.5
・ごま油少々
ごま油を敷いたフライパンで具材を炒め、水で中華麺をほぐしながら加えます。塩レモンで味付けをしたら完成です。
塩レモンレシピの中でも子どもが特に大好きなメニュー。いつものソース味とはひと味違った焼きそばに食欲をそそられるようです。
securedownload塩レモン焼きそば


5.チキンソテー2人分
・鶏むね肉またはもも肉1枚
・塩レモン大さじ1
・酒大さじ1
・小麦粉大さじ1
・サラダ油適量
一口大に切った鶏肉を塩レモンと酒を合わせたものに10分漬け込み、キッチンペーパーで軽く水気を取り小麦粉をまぶします。
油を敷いたフライパンで皮面からこんがりと焼いたら完成です。
securedownload塩レモンチキンソテー


他の調味料をほとんど使用しなくても、塩レモンの塩気と酸味で味がバッチリ決まります。

試してみたいレシピはありましたか?食欲不振になりがちな暑い日も乗り切れそうな気になれる手作り塩レモン、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。<文・写真:フリーランス記者郡司佳奈

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.