子育て情報『冬に気分が落ちるのにはワケがあった!気分を上げるのに試したい3つのこと』

2018年12月23日 11:20

冬に気分が落ちるのにはワケがあった!気分を上げるのに試したい3つのこと

冬になると「なんだか気分が落ち込む…」と悩んでいる人はいませんか?筆者もそのひとり。イヤなこと延々と考えたり、わけもないのに落ち込んだり。なにもする気が起きない日でも、仕事や家事があるから、お母さんは朝ゆっくり寝ていることも、休むこともできませんよね。実は季節と気分の落ち込みには、深い関係あるのです。

冬に気分が落ち込むのはなぜ?

「幸せホルモンと呼ばれているセロトニンは、ストレスが溜まると分泌されるノルアドレナリンの過剰な働きを抑え、気持ちを安定させてくれます。日照時間が短くなる冬は、セロトニンの分泌が乱れて気分が落ち込みやすくなるんですよ」。そう話してくれたのは、ストレスケアカウンセラーの菊地若奈さん。

セロトニンは、ウォーキングなどリズミカルな運動することで作られますが、現実問題「運動している時間がない!」というのが子育て中のお母さんの本音ではないでしょうか?そこで菊地さんに、時間がなくても取り入れやすい、気分が上がる方法3つを教えてもらいました。

1.楽しいと思える目標を持つ

「ストレスに負けないようにするには目標を持つことが大切です」と菊地さん。目標を持っている人は目の前の小さなストレスに感情を支配されにくいそう。些細なことを気にし過ぎて、そればかり考えてしまうときは、日常を楽しくする目標を持つことが大切です。

目標と聞くと「達成できなかったら自分を責めて余計落ち込みそう」と思ってしまいますが、日常を楽しくする目的なので、“1日1杯おいしいコーヒーを飲む”でもいいですし、“1週間に1回おいしいパンを食べる”など、自分が楽しい・嬉しいと感じることでいいのです。もちろん達成できなくても自分を責める必要はありません。

2.1日1カ所掃除をする

掃除をすると、きれいになった達成感を得ることができます。人は達成感を得ると、「嬉しい」「楽しい」と感じられます。
年末は大掃除シーズンなので、掃除をする機会も増えますよね。気分が落ち込んでいるとなかなか掃除をする気になりませんが、「今日は引き出し1段分」「洗面ボウルだけ」と、無理がない量を小分けにしてスモールステップにすると掃除のハードルが下がりますよ。

3.自分で自分をほめる

「家事をしても誰からもほめられない」そう考えると、虚しくなり、落ち込んでしまいますよね。誰だってほめられると嬉しい気持ちになりますが、自分で自分をほめても、人からほめられるのと同じ効果を得られるんです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.