子育て情報『ナンもパエリアも!BBQにフライパンを持っていくとよい理由』

2019年11月14日 17:30

ナンもパエリアも!BBQにフライパンを持っていくとよい理由

行楽の秋がやってきました。バーベキューやキャンプに出かける予定を立てている人も多いのではないでしょうか。
でも、バーベキューだと、どうしても肉料理に偏りがち。そこで、持っていってほしいのが、「フライパン」です。

フライパンがあれば野外でもいろいろな料理が楽しめる!

フライパンは焼いたり、煮たりといろいろな料理に使うことができるので、大活躍すること間違いなしのマストアイテム。

目次

・フライパンがあれば野外でもいろいろな料理が楽しめる!
・食べはじめたらとまらない!「ジャガイモとベーコンの蒸し炒め」
・フライパンでごはんも炊ける!「鶏肉とシメジのパエリア」
・子どもと一緒に作ろう!「ナン」

わが家ではバーベキューのときに、肉と一緒に網で焼くと焦げやすい野菜をフライパンで調理することが多いです。
フライパンは、直火使用が可能なものを選んでください。IH専用のものやコーティングがされているものはNG。鉄のフライパンがおすすめです。また、フタを用意しておくと、食材にむらなく火が通りやすいのでおすすめです。

今回は、子どもが喜んで食べる、家でも野外でも簡単に作れるレシピを3つ紹介します。

食べはじめたらとまらない!「ジャガイモとベーコンの蒸し炒め」

ナンもパエリアも!BBQにフライパンを持っていくとよい理由


【材料】
・ジャガイモ・・・中くらいのサイズ3個
・ブロックベーコン・・・200g
・オリーブオイル・・・大さじ1
・塩・・・少々

【作り方】
1.ジャガイモの皮をむいてひとくちサイズに切り、水にさらす
2.ブロックベーコンを1cm角に切る
3.フライパンにオリーブオイルをしいて、中火でベーコン、水気を切ったジャガイモの順に炒める
4.ベーコンに火が通ったらフタをして、弱火で約5分蒸し焼きにする
5.仕上げに塩で味を調えて完成

ジャガイモの代わりにカボチャを使ってもおいしいです。味つけはお好みで、クミンやナツメグなどのスパイスを使ってアレンジを楽しんでみてください。

フライパンでごはんも炊ける!「鶏肉とシメジのパエリア」

ナンもパエリアも!BBQにフライパンを持っていくとよい理由


【材料】
・鶏肉(モモ)・・・1枚
・シメジ・・・1株
・タマネギ・・・1個
・米・・・3合
・水・・・600cc
・ニンニク・・・ひとかけ
・パセリ・・・適量
・塩・・・小さじ1
・コンソメ・・・・小さじ3
・オリーブオイル・・・大さじ3

【作り方】
1.タマネギはみじん切り、鶏肉はひとくちサイズに切っておく
2.フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて香りが出るまで火を通す
3.タマネギがしんなりするまで炒めたら、シメジを入れて中火にかける
4.米を入れて半透明になるまで炒めたら、塩、コンソメを入れて混ぜ合わせる
5.水を加えて鶏肉をのせてフタをしたら、約30分中火にかける
6.ごはんがふっくらしたら、パセリをのせて完成

鶏肉とシメジの代わりに、アサリ(砂抜き)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.