子育て情報『声優・本名陽子さんに聞く!親子で気軽に取り組める発声練習』

2020年9月23日 11:20

声優・本名陽子さんに聞く!親子で気軽に取り組める発声練習

目次

・ジブリ作品「耳をすませば」で主演
・「動物のものまねごっこ」でノドを開く
・「リップロール法」でノドの緊張を緩める
・手作り楽器でリズム感を養う
・「人見知りってマイナス?」と聞いてみると
・子どもと声を出して笑うことの大切さ
声優・本名陽子さんに聞く!親子で気軽に取り組める発声練習


私と2人の娘は、声が小さく人見知りな性格です。そのことにコンプレックスを感じ、「もっと明るく大きな声で話せたら人と上手にコミュニケーションが取れるのに」と思っていました。
そんなとき、ママ友がプロの声優であることを知りました。彼女にその悩みを相談したところ、親子で気軽に取り組める発声練習を教えてもらえることになったのです。

ジブリ作品「耳をすませば」で主演

スタジオジブリ作品の「耳をすませば」の月島雫、「ふたりはプリキュア」のキュアブラックなど、人気作品に多数出演している声優の本名陽子(ほんなようこ)さん。私生活では、5歳の女の子と3歳の男の子のママです。
自身の生活の中で、声のプロとしてやっている発声法を教えてくれました

「動物のものまねごっこ」でノドを開く

本名さんのお子さんは、とにかく元気でお話することが大好き!自宅にいるときも「静かに~!」と制することがよくあるそうです。
仕事柄、ノドを酷使することが多く、できることなら家ではノドのケアに努めたいそうですが、育児中はなかなかそれができず…。
そこで、子どもたちと楽しみながらできることはないかと考え、工夫した結果、行き着いたのが「動物のものまねごっこ」。
おすすめは「ネコのマネ」。「今からネコちゃんになっちゃおう!」と、ネコの鳴き声で会話をするようにすると、子どもたちもノリノリに!
大きなネコになってみたり、子猫になってみたりしながら、低い音から高い音まで「にゃ~」と発声していくと、自然とノドが開くそうです。
特に子猫の鳴き声は高音なのでおすすめ。ボイストレーニングでもよく取り入れられている方法だそうです。
本名さんのマイペースな3歳の息子さんは、「元気な時は恐竜に、眠いときはネコになりきって楽しんでいます」と教えてくれました。

「リップロール法」でノドの緊張を緩める

次におすすめするのは、ノドの緊張を緩める効果がある「リップロール法」。

1.軽く口を閉じる(上下の歯は軽く離れている)
2.口を開けて息を吸う
3.口を閉じ、唇をほんの少し突き出し、閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」と振動させる

この方法で、自分の好きなメロディを、唇をブルブル震わせながら奏でてみてください。最初はくすぐったくてうまくいかなかったりもしますが、続けるうちに長くできるようになります。
この方法は、音の面白さを知るだけでなく、ノドの緊張を緩めることができるそうです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.