子育て情報『「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?』

2017年1月25日 16:00

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?

と言う人ばっかりで…。

編:そんな頃があったんですね。今の仲良しなエピソードからは信じられないです…

ラ:でもちょうどそのころ、発達障害専門のお医者さんに見てもらうことがあったんです。そのときに悩みを話したら、「そういうもんだよ」って言ってもらえて。「『仲良くしなさい』じゃ意味が分かんないから、もしなにかいいことができたときに、それを褒めればいい」とアドバイスされて、なるほど!と思ったんです。

それからは、ちょっとでも優しくすれば褒めてあげるようにしました。例えば、弟が欲しいオモチャを自分が欲しくなっちゃって、いじわるな気持ちで違うオモチャを貸したときに「こっちは貸してあげられたね」って言ったり。弟に「うるさい!」って怒鳴ったときは「手じゃなくて口で自分の気持ちを伝えてあげられたね」とか…。

編:普通だったら褒めないようなことでも、褒めるようにしたんですね。

ラ:当時は褒めポイントを下げないと本当に褒めるところがなかったので(笑)。それからは、そういう成功体験が積み重なり本人の心が成長したのもあって、2~3年かかってようやく仲良く遊べる時間も増えてきました。

編:今のお話を聞いたあとにこれを読むと、本当にじんときますね。

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

「息子がADHDでラッキーだった!」育児漫画家ラム*カナさんがそう語る理由は?の画像

Upload By 発達ナビ編集部

ラ:そうなんです!このころは本当に弟に優しくしたことなんてなかったような時期だったので、本当びっくりしました。しかも、嘔吐物をキャッチしてあげることになんの迷いもなく行動に出たことも感動しました。そのときの弟に必要なものを自分で考えて用意してくれたり…このときの行動は、夫より何倍も早かったです(笑)。

このくらいのときに、「あ、この子はちゃんと観察力があるんだ」って気づきました。自分のことだけで精いっぱいという感じで生きているとばかり思っていたけど、すごく周りをみているんだなって。

編:喧嘩もするけど、本当にお互いに支えあっている感じがします。

ラ:キョウタはひとり遊びもできるんですけど、アイキはお兄ちゃんがいないとおもちゃとかでは遊ばないんですよ。だからなんとなくアイキはお兄ちゃんに遊んでもらっているんだなあって思っていたんです。

でもある日、キョウタが国語の授業でやったノートを見たら、そこには「自分の好きなことはなんですか」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.