子育て情報『ドジっぷりに大爆笑! ADHDの息子が起こした破天荒エピソード4選』

2016年12月14日 19:00

ドジっぷりに大爆笑! ADHDの息子が起こした破天荒エピソード4選

ドジっぷりに大爆笑! ADHDの息子が起こした破天荒エピソード4選

こんにちは、親子でADHD(注意欠陥・多動性障害)をやっています、ママライターの木村華子です。

……と名乗ると、「親子でやっていますって、このライターは何考えてんだ!」というふうに不快感を感じる方がおられると最近知りました。

たしかに、世の中には発達障害児の育児に本気で悩んでいる方が大勢いらっしゃいますし、ご本人も大人のADHDを抱え苦しんでいるケースも少なくはないでしょう。

私も同じように、自身や息子の特性に振り回されながら毎日を暮らしているので、面白おかしく発達障害の記事を公開することに嫌悪感を抱く気持ちはよく分かります。

しかし、発達障害の当事者だからといって、いつも真面目な話をしなくてはいけないのでしょうか?

まるで腫れ物のように扱われることに少々嫌気がさしている今日このごろです。

発達障害の当事者だからこそ、他にはない育児を経験しているのです。

深刻な顔をして日々悩みながら過ごすよりも、面白おかしいわが子のドジっぷりに爆笑しながら楽しく過ごす方がよっぽど幸せ だとは思いませんか?

わが子の予測不能な行いに、思わず笑ってしまった経験はおそらく多くの親がお持ちでしょう。

私たち発達障害児の育児を行う親は、まさにそんなエピソードの宝庫!毎日ギャグマンガの世界に生きているのです。

今回は、そんな私たち親子に起こった破天荒なADHDエピソードの一部を紹介します。

●ADHDを笑い飛ばす! 破天荒なわが子の育児エピソード4つ

●(1)パソコンのディスプレイを壊して「よかったねえ!」

張り切るとますます周りが見えなくなる息子。その日は大掃除で、なぜか朝から息子のテンションは上がりっぱなしでした。

「イェーイ!今日は大掃除フゥ〜〜ウ!」と叫びながら雑巾を振り回し、家中を駆け回るところまでは問題なかったのです。

しかし……彼がY字バランスをしようと足を上げた次の瞬間、私が気合を入れて購入したパソコンのディスプレイ(買いたて)に足が引っかかり、派手に倒れて割れてしまいました……。

「仕事できないじゃない……っていうか買ったばっかりだよ!」と涙目で怒鳴り散らしながら、年末の街中を走って修理に出した思い出……。

何かと出費がかさむ年末に数万円の修理代まで失い、心身ともに疲れ果てて帰宅すると、「よかったねえ!パソコン新しくなるね!」とご機嫌を取ろうとする息子の笑顔 がありました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.