子育て情報『もう頑張れない! “ワンオペ育児”に苦しむママの声と解決策』

2017年1月7日 19:00

もう頑張れない! “ワンオペ育児”に苦しむママの声と解決策

もう頑張れない! “ワンオペ育児”に苦しむママの声と解決策

こんにちは、佐原チハルです。

ブラックバイトの就業形態として有名になった“ワンオペ”という言葉。

こうしたニュースに対しては、「こんな働き方させられてるなんて酷い!」「倒れても当然」などの声が寄せられることも多いです。

その一方で、なかなか理解されずにいるのが“ワンオペ育児”。

今回は“ワンオペ育児”の苦労と、その解決方法について紹介してみたいと思います。

●“ワンオペ育児”って?

ワンオペは、ワンオペレーションの略。ワンオペレーションとは、たった一人で、あらゆる工程で必要な作業を行うことです。

“ブラックバイト”の問題では、たとえば深夜などの時間帯に一人でシフトに入り、全ての作業をその一人が行なう というような状況を示す言葉として使われています。

その育児バージョンが“ワンオペ育児”という言葉。

育児にまつわるさまざまなタスクを、(多くの場合はママが)一人で行わなければいけない環境に陥っているという状態を示した言葉です。

●ワンオペ育児に苦しむママたちの声

『夫も仕事が大変なのはわかってるけど、「夫には睡眠時間がある」「夫には休日に休む時間がある」と思うと、なんで私ばっかりこんなに大変なんだろうって思う。寝てないのも、休日に家事育児してるのも私だけ。おかしい』(1歳の子のママ)

『共働きなのに、何かあってお迎えに行くのも、仕事を休むのも私。夫は休日遊んでいるだけ。本当に腹が立つ』(1歳と3歳の子のママ)

『もういろいろ無理。平日は睡眠時間削って、休日も平日のための準備とかたまった家事とかで潰れることが多くて、休む暇がない。時短とかいろいろしても追いつかない。夫に「少しは手伝って」って言っても、言ったときだけやってすぐやらなくなる。お金以外の意味で夫がいる必要性がない』(2歳の子のママ)

「自分にはパートナーとしての夫がいるはずなのに、その役割を果たしてくれない」ことへのストレスはやはり高いですよね。

またワンオペ育児の苦労は、「もっと頑張る」というような方向では解決しない ということもよく伝わってきます。

もうすでに、十分すぎるほどに、ママたちは頑張っているのです。

●ワンオペ育児、どうやって解決する?
ワンオペ育児を解決するには、ワンオペ状態をなくす以外に方法はありません。

「できてりゃ苦労しないよ!」と思うでしょうが、「するしかない」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.